03-6809-5433
Mech-Mind株式会社

自動車業界等における検査・測定の課題を解決するミクロン単位の高精度3Dカメラ「UHP-140」を発売

2022-06-10

Mech-Eye UHP-140は、自動車業界における検査・測定ニーズに応えるために開発した3Dカメラになります。自動車部品の生産・組立工程における位置・隙間・面差等の検査・測定用途に幅広く使用することが可能です。


高度な自社光学技術と知的アルゴリズムに基づき、ミクロン単位の精度により、反射しやすいワークに対して優れた画像生成を実現します。また、複雑なワークの構造、多様な材質、反射が強い塗装、不規則な形状・反射等の複雑な状況によって発生する光学検査の干渉に対処できます。品質検査やモニタリング水準を向上させ、自動車等の業界で高品質な製造生産を実現します。


Mech-Mindの新しい産業用3DカメラMech-Eye UHPシリーズの初代製品となるMech-Eye UHP-140は、全世界多くの自動車メーカーで数多くの導入事例があります。

自動車業界等における検査・測定の課題を解決するMech-Mindのミクロン単位の高精度3Dカメラ「UHP-140」を発売



製品の特長


01

自社開発の新たな多視点画像合成アルゴリズムにより、死角の解消、画像処理効果の更なる向上

当社が新たに開発した多視点画像合成アルゴリズムを採用したMech-Eye UHP-140は、単眼カメラの死角を十分に補填し、微小な死角のある加工対象品であっても詳細で欠損の無い、鮮明な点群データの生成が可能です。自動車の検査・測定では、僅かな誤差でも車体組立の完成度に影響が出ます。ボディーの組立工程で最も一般的な位置決め穴である丸穴等は、機械加工時に面取りを行いますが、面取りした後にできる微小な隆起による死角(通常幅0.1mmから0.6mm程度)となり、従来のカメラでは撮像能力に課題がありました。


Mech-Eye UHP-140を使用して、下図のような丸穴の点群データを収集しました。単眼カメラモードと比較して、面取りした後にできる微小な隆起による死角を鮮明な点群効果で表現することができます。


自動車業界等における検査・測定の課題を解決するMech-Mindのミクロン単位の高精度3Dカメラ「UHP-140」を発売

面取りされた丸穴

Mech-Eye UHP-140 @ 0.3m、高さによる点群レンダリング



02

自社開発の反射防止アルゴリズムにより、不規則な形状かつ反射する部品の点群の欠落を回避

凹面反射や光を散乱させやすい金属部品等、あらゆる一般的なワークについては、従来のアルゴリズムで露出や撮影角度を調整することで表面の反射の問題を解決できますが、不規則な形状かつ反射する部品については適切な角度を見つけることが困難な場合が多くあります。Mech-Eye UHP-140は、自社開発の反射防止アルゴリズムにより、不規則な形状や強い反射による干渉を効果的に抑制し、高品質な点群データを出力すると共に、自動車の検査・測定現場におけるワークの複雑な構造や多様な材質に対応します。

自動車業界等における検査・測定の課題を解決するMech-Mindのミクロン単位の高精度3Dカメラ「UHP-140」を発売

ハンドル部分に光を拡散しやすい高光沢の埋め込み式ラッカー仕上げのドア

Mech-Eye UHP-140 @ 0.3m、高さによる点群レンダリング


自動車業界等における検査・測定の課題を解決するMech-Mindのミクロン単位の高精度3Dカメラ「UHP-140」を発売

反射面や凹みを持つ板金部品

Mech-Eye UHP-140 @ 0.3m、高さによる点群レンダリング


自動車業界等における検査・測定の課題を解決するMech-Mindのミクロン単位の高精度3Dカメラ「UHP-140」を発売

直径約1.5 mmのエナメル銅線反射面

Mech-Eye UHP-140 @ 0.3m、高さによる点群レンダリング



03

高度な光学設計により、高い測定精度と安定した撮像を実現

長期間の現場調査を通じて、自動車業界等の代表的な導入事例では、検査・測定精度に対する要求が極めて高いことが判明しました。Mech-Eye UHP-140は、高度な光学設計により、従来の1/5の収差、0.03mm(ドイツVDI/VDE 2634 Part II規格準拠)の測定精度、Z方向の一点繰り返し精度2.6μm、Z方向の局所繰り返し精度0.09μmを実現しています。Mech-Eye UHP-140は超高精度検査・測定結果の出力を保証すると同時に、実際の現場で要求されているスキャン速度を満たしており、安定したカメラ画質を提供可能です。



04

小型、オープンインターフェイス、高い柔軟性により、様々な検査・測定の応用を迅速に展開可能

Mech-Eye UHP-140は小型かつ軽量でロボットアームの先端に取り付けることができ、自動車部品の生産・組立等の工程における検査・測定問題を柔軟に対応できます。複数のプログラミング言語及びプラットフォームのSDKオプションを提供し、オープンAPIで簡単に導入することが可能です。ノーコード画像処理ソフトウェアMech-Visionやロボット制御ソフトウェアMech-Vizと組み合わせて使用することができ、様々な検査・測定の応用を簡単かつ迅速に展開することができます。



05

現場の課題に応える産業用デザイン

Mech-Eye UHP-140の筐体は、航空宇宙用アルミ合金を使用した完全密閉型であり、IP65保護等級に準拠し、CE、FCC、VCCI、RoHS等多くの国際認証を取得しております。粉塵、振動、湿度、電磁妨害、高温等の厳しい環境にも対応しています。



製品仕様

自動車業界等における検査・測定の課題を解決するMech-Mindのミクロン単位の高精度3Dカメラ「UHP-140」を発売


大手自動車メーカー工場 ―― ビジョンシステムによるサブフレーム測定

プロジェクトの背景:

このプロジェクトは、国際的な大手自動車メーカー向けのものです。顧客の溶接工場では、大型ワークのサブフレームの仕様を測定する必要があります。各種穴径、位置、平面度、同軸度等を正確に測定することで、部品の誤差による最終組立に対する影響を抑えることができます。

自動車業界等における検査・測定の課題を解決するMech-Mindのミクロン単位の高精度3Dカメラ「UHP-140」を発売


プロジェクトのメリット:

  • Mech-Eye UHP-140産業用3Dカメラは、超高精度で、強い反射面を持つサブフレーム穴の高精度な点群データを生成します。

  • 自社開発した知能化測定アルゴリズムにより、一般的な丸穴、ネジ穴、スタッドボルト、長穴等、幅広い形状に対応し、高い測定精度を実現します。

  • マルチカメラとマルチロボットの連携により、穴の形状に柔軟に対応し、各種大型ワークの測定を迅速に完了します。

  • 周辺環境衝突やロボット姿勢を考慮したロボット軌道経路を知能的に算出し、立ち上げ工数の大幅短縮と省設置スペースに貢献します。

  • 測定履歴に様々なフィルタリングを適応することができ、測定レポートとして出力することが可能です。

 

自動車業界等の製造業では、品質管理は常に重要な課題であり、優れた品質管理は自動車業界をはじめとする産業の品質向上に欠かせません。Mech-Eye UHP-140は、Mech-Mindが自動車業界向けに開発した産業用3Dカメラで、品質検査をより知能化かつロバストに実現し、自動車メーカーがより効率的で無駄のない生産を行えるよう支援します。今後Mech-Eye UHPシリーズは機種を増やし、より多くの分野に展開することで、顧客の検査・測定能力の向上、品質管理、効率化に貢献していきます。


关于梅卡曼德
梅卡曼德机器人(Mech-Mind Robotics)致力于将智能赋予工业机器人。公司员工超过200人,有出色的研发和客户服务能力。梅卡曼德的AI 3D视觉解决方案已经在电商、医药、食品、快消、建材、快递、化工、汽车、家电、钢铁、物流仓、银行等多个领域批量落地,应用范围涵盖拆码垛、货品拣选/播种、上料、供包、装配、涂胶、检测等,获得了国内外众多行业龙头客户的认可。公司已获得B轮融资,投资方包括红杉资本中国、启明创投、英特尔资本等机构,发展迅速。