03-6809-5433
Mech-Mind株式会社

ハッチドアへの接着剤塗布丨某大型バス工場

クライアントのニーズ

ハッチドアは、自動車業界で一般的なパーツの一つである。人工による接着剤塗布は高い技術が求められ、難易度が高い。また隠れた健康被害が存在するため、ほとんどのメーカーは自動化方式でハッチドアの接着剤塗布問題を解決したい。

普通の工業ロボットなら固定位置、固定ルートの接着剤塗布業務は完了できる。しかし、バス工場の車型は豊富でハッチドアの種類も多く、従来の自動化方式では完全に自動化された接着剤塗布の問題を解決できない。

ユーザーは、ロボットが様々なバラバラに置かれたハッチドア(寸法約2m×1.5m)を識別し、軌道に従って接着剤塗布が行えることを希望している。


プロジェクトの特徴
関連ソリューション
  • Mech-Mindの高精度な産業用3Dカメラにより、多種多様なワークのパレタイジング/デパレタイジングを実現します。
  • Mech-Mindの高精度な産業用3Dカメラにより、バラ積みされた多種多様なワークの認識・仕分けを実現します。
  • Mech-Mindの高精度な産業用3Dカメラにより、バラ積みされた金属部品などの表裏の識別、供給を実現します。
  • Mech-Mindは非常に多くの最先端のハイテク成果を統合し、物流配送センターの宅配便小包仕分けの場面に用いることができる、完全で、使用しやすく、コストパフォーマンスの高いロボットのビジュアルガイド宅配便小包仕分けソリューションを発表しました。
  • Mech-Mindは非常に多くの最先端のハイテク成果を統合し、自動車、家電などの業界でよくある場面に用いることができる、完全で、使用しやすく、コストパフォーマンスの高いロボットのビジュアルガイド接着剤塗布、位置決めおよび組立ソリューションを発表しました。
相关视频