03-6809-5433
Mech-Mind株式会社

ビジュアルガイドによるダンボールのデパレタイジング | 某大型食品工場

クライアントのニーズ

ダンボールのデパレタイジングは、食品倉庫の出入庫プロセスにおいて一般的なものである。SKU数量が多い、ダンボールの重量が大きい等の原因により、従来の人の手による積み下ろし方法では効率が低下する。食品工場の規模が絶えず拡大することに伴い、積み下ろし人員の採用ニーズが高まり、採用難易度が増加した。

ユーザーは、ロボットが注文書の要求に基づき密接して置かれたダンボールを識別してパレットから逐次積み下ろし、別のパレットに置けることを希望している。


プロジェクトの特徴
関連ソリューション
  • Mech-Mindの高精度な産業用3Dカメラにより、多種多様なワークのパレタイジング/デパレタイジングを実現します。
  • Mech-Mindの高精度な産業用3Dカメラにより、バラ積みされた多種多様なワークの認識・仕分けを実現します。
  • Mech-Mindの高精度な産業用3Dカメラにより、バラ積みされた金属部品などの表裏の識別、供給を実現します。
  • Mech-Mindは非常に多くの最先端のハイテク成果を統合し、物流配送センターの宅配便小包仕分けの場面に用いることができる、完全で、使用しやすく、コストパフォーマンスの高いロボットのビジュアルガイド宅配便小包仕分けソリューションを発表しました。
  • Mech-Mindは非常に多くの最先端のハイテク成果を統合し、自動車、家電などの業界でよくある場面に用いることができる、完全で、使用しやすく、コストパフォーマンスの高いロボットのビジュアルガイド接着剤塗布、位置決めおよび組立ソリューションを発表しました。
相关视频